浮気調査

浮気相談窓口調査ナビ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵社に入ってくる事案でもっとも多いのは不倫(の疑い)の素行調査です。挙動不審なところがあるので、不倫をしているか調べてくれという場合や、証拠を押さえて離婚したいといった要望まで、依頼者のニーズに合わせた調査をしてくれます。

 

特に、不倫の相手方に慰謝料を請求するときは、明確な証拠を得る必要があるので、やはりプロの探偵に依頼するのがおすすめです。

 

里帰りや同窓会など、再会のシーズンは要注意。
なにげに不倫に進展する可能性が高いです。以前ときめいた相手と距離が近づいたり、同年代の思い出があるせいか当初は男女を意識せず、距離が一気に縮まります。

 

もし里帰りや同窓会、OB会などのあとにいままでと違った行動パターンをとるようになったら、浮気を疑ったほうがいいでしょう。
不倫の証拠をおさえるための素行調査は、対象と近すぎる間柄の人が行うと、尾行発覚のリスクが高いだけでなく、感情の昂ぶりから相手やその関係者とのトラブルに発展する可能性も想定しておかなければいけません。

 

 

その道の専門家である探偵なら、幅広い年齢層の調査員と、対象を警戒させずに不倫調査を行う技術があるので、自分や知人などが調査するより確実に目的を完遂することができるというものです。

 

調査がバレてしまっては元も子もないのですから。

 

 

一般的な追跡調査で探偵が使用していた機材といえば、従来は発信機がありましたが、少し前から衛星を使ったGPSを活用する探偵社が増え、同じ「発信機」でもこんなに違うのかというほど調査対象の追跡性能がアップしました。

 

 

最近の高性能GPSというのは正確で、大規模な立体駐車場やガレージ等に入り込まなければ、車両を発見することは簡単になりました。

 

そんなGPSを設置できれば、追尾の成功率はグンと上がるのです。不倫調査で探偵を頼む場合、個人情報をできるかぎり知られたくないと思うのはよくあることです。

 

 

依頼に先立っての相談段階では個人が特定できる情報はなくても対応してくれる業者も増えていますから安心してください。

 

その後、調査を依頼するには契約や詳細説明は必須ですから、そこで必要な個人情報の開示は避けることができません。

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとなく不倫の気配を感じたら、証拠を探したほうがいいでしょう。
あきらかな不倫の証拠というと、写真や動画など、第三者が見て浮気だと判断がつくものです。浮気現場にシロウトが踏み込んだり、慰謝料請求や裁判に使える証拠を手に入れるのは危険も伴いますし、探偵を雇うなどのプロのワザも考えておくと良さそうです。

 

 

 

探偵社の数は多いですが、どれでも良いわけではありません。

 

 

まずそこの評判を調べるのは欠かせません。

 

 

 

評価が芳しくない探偵では、請求される料金の明細が不明確だったり、ずさんなバイト仕事で済ませている例もあります。

 

定評のある会社を選べば、割高な請求の心配もありません。不倫や素行調査といった業務を任せる上で安心できるでしょう。

 

 

許しがたい不倫行為を働いたパートナーへの復讐は、社会的生命を奪われかねないストレスを与えることが一番だと思うんです。
それには証拠固めが不可欠ですが、証拠さえ入手すれば、後はとことん相手を追い込んでやることができますからね。ときには浮気の相手方の職場やPTA、家族に知らせて溜飲を下げるという人もいないわけではありません。

 

 

職場をかわらざるを得なくなったり、信頼がなくなり、碌なことにならないですよ。
それを分かってて不倫するほうが悪いんです。

 

 

同じ勤務先内での不倫は、やはり多いものです。しかも、事実が判明したところで、不倫に強要などのパワハラやセクハラを伴わない限り、個人の問題が理由で仕事を辞めさせることはできないようです。

 

 

ただし、採用時の契約書や就業規則の記載にある、職場の風紀秩序を壊乱したか、そのおそれがあるという箇所に触れているということで、懲戒処分に相当しますが、実際の例を見る限りでは、上司からの訓告程度で、処分といえるほどのものはなく済んでしまうことのほうが多いでしょう。

 

会社にもよりますが、探偵業者の不倫調査には、浮気の裏付けがとれたら支払うという出来高制の契約もあります。こう聞くと、不倫の裏付けがとれなければタダで済んでラッキーと思うでしょうが、調査対象が浮気しているかどうか微妙な場合や、長期間にわたる調査が必要な場合は受け付けてもらえないこともあるそうです。

 

 

また逆に成功したときに、意外な高額請求になる場合も多いみたいですから注意が必要です。
大事な家庭に不倫という影を感じるようになったら、なにがなんでも探偵を頼むのではなく、業者が行う無料相談を試してみると安心で良いでしょう。家庭内でのゴタゴタで気持ちの安定を欠いているときに、見知らぬところに極めてプライベートな調査を依頼するのは、いささか心配でしょう。リスクや不安は少ないほど良いのですから、良い業者を見極めるためにも無料相談は有効です。浮気に依存しやすい人というのは、ウツが多いですね。

 

 

 

その背景にあるのは、常時精神的な負担があるということです。

 

恋愛の片方が既婚者か、W不倫の場合、喜びもある一方で不倫の徒労感や不信感などをかかえこみやすくなり、やがてメンタルや体調に大きな影響を与えるのです。
その一方で、不倫された配偶者の方もウツや情緒不安定などの症状が出やすいです。

 

 

ほんの出来心であろうと、現実に一線を越えてしまった浮気のつぐないは、安くは済まないでしょう。

 

もっとも、パートナーの対応によって大きな差が出てくるとは思いますが、別居や離婚ということになるばかりか、不倫の慰謝料を要求されることもあるでしょう。不貞行為が明るみに出れば、一般的な幸福や信用、金銭など多くのものを犠牲にして償わなければいけないのです。
以前に比べSNSに抵抗感のない人が増えてきて、SNSから浮気が露見してしまうことが増えているのも、当然かもしれませんね。配偶者がスマホにロックをかけるようになったり、SNSをしょっちゅう更新するようになったら、浮気相手と連絡をとっていると考えてもおかしくはないでしょう。

 

SNSに関わる相手の態度というのは、浮気に気付く材料になるかもしれません。
全国展開している大手業者であっても、100パーセント素晴らしいとは言いませんが、探偵業者の場合は大手のほうが後悔することが少ないと思います。
会社規模が小さなところでは、調査も満足に行わないうちに高額な料金をとったり、調査料金の詳細についての説明を拒むところもあるようです。また、親切に相談にのってくれるかどうか、契約や料金についてきちんと説明があるかも、依頼するかどうかの判断材料になるでしょう。
探偵業者に依頼すべきかどうか迷ったら、電話をかけてみることから始めてみてはいかがでしょう。

 

 

 

事務所所在地や代表電話といった情報は、広告で見ることもできますし、ネットが使えればHPを見るほうが詳しいでしょう。

 

受付専任のスタッフがいて、だいたいの費用の目安の概算を見積もってくれます。
無料で見積ってくれるところもありますし、納得いくまで検討してみることも大切です。
調査レポートとか調査報告書と呼ばれるものは、特にフォームに決まりはありません。
とはいえ、離婚調停や裁判所の審判が必要なときに利用する可能性がある場合は、証拠として採用されるには、信頼できるデータに基づいた調査報告書でないと意味がなくなってしまいます。

 

調査報告書の利用方法を考慮した末、依頼する業者を選別しなければなりません。普通の仕事への対価と比べると、探偵業者に不倫の証拠押さえを依頼する代金というのは、安いとは言えません。
そうは言っても、格安や一律を謳う探偵に依頼して、不倫の決定的証拠が得られなかったら、お金の無駄どころではありません。

 

結局のところ大事なのは、探偵社の調査力の高さです。しかし、すごい料金をとっていても絶対的に素晴らしい調査能力を有しているかは実に悩ましいところです。

 

このごろは技術が進み、GPSの衛星測位システムを使って浮気を容易に把握できるようになりました。
GPSつきの携帯やスマホはたくさんありますから、それを持ってもらうことで、かなりの精度で今いる位置を知ることができます。非合法な方法ではありませんし、自力でパートナーの浮気を見つけようと思ったら、便利です。

 

ただ、位置情報だけでは証拠にはならないのでご注意ください。異性として見られた嬉しさから応じてしまい、支えあうつもりが泥沼にはまっていく。
そんなに浮気は魅力的なのでしょうか。

 

仮に夫婦のどちらかが相手のことを嫌っていても、別の誰かを見つけて再出発をはかろうなどと考えるのは、いくらなんでも都合がよすぎるように思えてなりません。妻か夫のどちらかに原因があるとしても、もっと上手な解決方法を模索すべきですし、子供には責任はないはずです。

 

 

 

軽率のツケは高くつくでしょう。

 

 

 

配偶者の不倫を疑い、探偵を雇って調査するというドラマやマンガって、結構ありますね。
物語に登場する探偵の仕事は視聴者にも「想定の範疇」なので、自分でもできるような気がしてしまいますが、たとえば警戒している調査相手にわからないように後を追って、証拠になる写真まで撮ってくるのは難易度の高いワザです。
調査したい相手に露見するのは不利以外の何物でもありませんし、その道のプロである探偵社に任せることを強くお勧めします。

 

探偵や興信所といった調査業を始めるときは、特に資格や免許などは要りません。

 

ただし、2007年に施行された探偵業法にのっとって、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて届出書を公安委員会に提出したあと、探偵業届出証明書を交付してもらって、許可を受けることが開業の大前提となります。営業所ごとにあるので、確認させてもらうと良いでしょう。だいたい察しがつくかもしれませんが、不倫関係を解消した理由として最も多く、説得力があるのが、「ばれてしまったから」です。普通の人が不倫の証拠をつかむなんていうのはそう簡単なことではありません。
結局のところ、その道のプロである探偵に不審点の洗い出しや不倫の裏付けをとってもらうのが、もっとも効果的なのではないでしょうか。
ただ、これは怪しいと気付くのはやはり自分以外にその役目を果たすものはありません。興信所に持ち込まれる案件の多くは、浮気の追跡調査です。そんな仕事を例に、プロの仕事をおさらいしてみましょう。
一番多い手法としては、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、対象の追跡を行います。
何日も調査しても経費がかさむだけですから、ここぞという日時に限定して追跡し、不倫の証拠写真を撮影したりします。配偶者に浮気をしていることがバレたときは、ただ単に別れるのではなく、慰謝料の発生も考慮しなくてはいけません。

 

不倫の確固たる証拠をつきつけられたら、圧倒的に不利な立場になります。

 

 

 

請求額は概ね、2ケタ万円から3ケタ万円と大きな違いがあるようです。
払える見込みが立たないときは、分割期間の変更や減額を頼んでみるのも悪くないかもしれません。浮気調査はとてもプライベートなことですから、相手が探偵社でも個人に関する情報を安易に知らせたくないというのは珍しいことではありません。
依頼に先立っての相談段階では詳細な個人情報は不要という会社も最近では増えていますから、あまり心配しなくても良いでしょう。それでも最終的に調査を依頼するときには契約は必須ですし、ある程度の個人情報が知られることは不可避です。
不倫調査を頼む際は、目的は何か、今後どのようにするつもりなのかをはっきり伝えることが非常に大事です。

 

 

配偶者の不倫さえなくなれば良いのか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかは依頼者本人が決め、調査員にしっかり伝えることです。依頼の内容次第では微妙に調査内容が異なってくるため、自分の希望をよく伝えておくことが大切です。探偵を利用したいと思っても、お金のことは気になりますよね。調査会社への代金の精算方法についてですが、古手の中堅以上のところでしたら分割払い(クレカかローン)OKという業者もあります。

 

 

早く浮気の証拠が欲しいけれども一括で払うのは難しいというときは、このような精算方法に対応している業者を最初から選ぶと機会を逃さなくて良いですね。
クラス会やOB会では浮気のきっかけになる危険性が高いです。
以前ときめいた相手と距離が近づいたり、同じ学校で席を並べていたという気易さから異性に対する警戒心が薄れ、距離が一気に縮まります。もし里帰りや同窓会、OB会などのあとに挙動が怪しいと感じるようなら、浮気を疑ったほうがいいでしょう。探偵業の存在を知っていても、利用することはほとんどないでしょう。
浮気調査をしてもらおうと決めたところで、どこにしたらいいんだろうと悩むのが一般的なのではないでしょうか。

 

探偵業務を行う事業所は、公安委員会への届出が不可欠です。申請が認可されると認可番号が交付されます。正規に開業している業者か、違法な業者かは、この番号で分かるというものです。

 

 

つまり、業者のウェブサイトに許認可番号があるかどうかはチェックするべきです。

 

 

 

法的な判断材料となる不倫の証拠がければ、裁判などでは分が悪いでしょう。

 

 

不倫行為の存在を法廷が認めてくれないということも、起こりうるからなんですね。また、明らかな証拠があれば有利に裁判が進むのは、言うまでもありません。証拠がなければ慰謝料も出ませんし、勘違いで離婚なんていうのに納得できる人はいませんよね。そうならないために、信頼できる調査結果を入手することをおすすめします。

 

 

最近の探偵業者は、タダで相談員との面談ができるチャンスを設けているところが増えてきました。
右も左も分からないまま依頼してしまう前に是非とも活用したいサービスです。よく話をきいてくれるか、良い会社かを見極める助けになるでしょう。

 

先入観をもたずに話を聞いてくれるはずですし、相談していくうちに、漠然とした不安や現在の状況などを仕切り直しできるので、おすすめです。いざ探偵を利用しようと思うと、どこに依頼したら良いかわからないものです。

 

 

 

そこで目安になるのは「地域」です。

 

 

 

誰しも居住地と勤務地を中心に行動するため、地域周辺に限って、ウェブで検索してみると良いでしょう。

 

ある程度の選別ができたら最寄りの営業所か代表電話に電話して、話してみることをお勧めします。

 

 

 

いくら悩んだところで実際に話してみなければ、良さそうな探偵社かどうかなんてわからないですからね。

 

相手がいるのに一線を越えてしまうのが不倫ですが、相手を替えて何度も重ねる常習性のようなものがあるようです。交際相手とのやりとりが見つかって、一応反省はするものの、舌の根も乾かぬうちに浮気を再開するおそれは充分あります。

 

思い当たるフシがあれば、探偵業者の力を借りて、相手の不貞行為が明らかになるような証拠を見つけて、懲らしめてやるといいでしょう。
探偵の仕事といえば、たいがいの人はひたひたと尾行する姿を想像するようです。

 

ターゲットとなる人物に絶対に気取られないよう追跡しながら、素行をチェックしたり、証拠を入手する仕事です。露見することはまずありませんが、調査員は対象の動きを先読みして予測しなければいけません。

 

 

予想外や不意の事態に素早く的確な対処をするのが、「ごく普通の探偵」の業務です。